確定拠出年金の投資信託型おすすめ運用商品。信託報酬を比較

公開日:  最終更新日:2014/11/14

確定拠出年金の投資信託型の運用商品で、信託報酬と手数料が安いものを比較し、おすすめを選びました。 投資信託型と元本保証型を組み合わせる方も多いかと思いますので、元本保証型の利率が良い運営管理機関も合わせて掲載してあります。

各条件は変わる場合もありますので、最新の情報は資料請求や問い合わせなどでご確認ください。 この記事での掲載データは【2014年7月】のものです。 運用商品名のリンク先は、投資信託型はモーニングスターのページ、元本保証型は各運営管理機関のページです。

投資信託型商品の信託報酬と運営管理機関の手数料

SBI証券 スルガ銀行 野村證券 富国生命 東京海上 日動
運営管理手数料が安く、元本保証型商品の利率が良い 運営管理手数料が安い 信託報酬が安い 元本保証型商品の利率が良い 元本保証型商品の利率が良い
国内株式 朝日ライフ 日経平均ファンド トピックス・インデックス・オープン 野村DC国内株式インデックスファンド フコク日本株式ファンド 東京海上セレクション・日本株TOPIX
信託報酬 0.54% 0.62% 0.21% 1.51% 0.65%
外国株式 DC外国株式インデックスファンド インベスコ MSCIコクサイ・インデックス  野村DC外国株式インデックスファンド ステート・ストリートDC外国株式インデックスオープン 東京海上セレクション・外国株式
信託報酬 0.864% 0.76% 0.24% 1.03% 1.71%
外国債券 野村外国債券インデックスファンド ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス 野村外国債券インデックスファンド 三菱UFJ<DC>外国債券インデックスファンド 東京海上セレクション・外国債券
信託報酬 0.594% 0.70% 0.23% 0.70% 1.12%
元本保証 第一のつみたて年金(5年) スルガスーパー定期(5年) セブン銀行確定拠出年金専用定期預金5年 フコクDC積立年金(10年) 利率保証型積立傷害保険「ねんきん博士」(10年)
利率 0.125% 0.025% 0.150% 0.250% 0.400
手数料月(年) 491(5,892)資産50万以上:167 437(5,244)資産50万以上:167 509(6,108) 523(6,276) 523(6,276)
初期 3,857 2,777 2,777 2,777 2,777

投資信託の1年あたりの純利益(概算シミュレーション)

信託報酬と運営管理手数料のどちらが安い方を選ぶかは、拠出金額によって違います。概算ですが、シミュレーションしてみました。 国内株式30%(期待利率5%)、外国株式10%(期待利率5%)、外国債券10%(期待利率2%)、元本保証型50%(2009年6月時点での利率)の場合

拠出金 10,000円 18,000円 30,000円 50,000円 68,000円
SBI証券 5年 1,576 8,859 18,303 33,266 46,582
10年 12,163 25,688 45,233 77,421 106,315
20年 35,422 66,439 112,593 189,324 258,343
スルガ銀行 5年 1,727 8,295 16,914 30,635 42,857
10年 11,334 23,776 41,824 71,581 98,299
20年 33,134 62,112 105,271 177,040 241,601
野村證券 5年 469 6,339 15,144 29,818 43,025
10年 9,388 22,233 41,501 73,613 102,515
20年 31,776 62,452 108,465 185,153 254,172
富国生命 5年 419 5,960 14,273 28,126 40,595
10年 9,045 21,328 39,752 70,459 98,095
20年 31,076 60,903 105,644 180,212 247,323
東京海上 日動 5年 857 6,749 15,588 30,318 43,576
10年 9,903 22,872 42,326 74,748 103,929
20年 32,745 63,908 110,652 188,559 258,675

国内株式50%(期待利率5%)、外国株式30%(期待利率5%)、外国債券20%(期待利率2%)の場合

拠出金 10,000円 18,000円 30,000円 50,000円 68,000円
SBI証券 5年 6,609 17,918 33,401 58,429 80,803
10年 23,554 46,191 79,406 134,375 183,772
20年 64,266 118,358 199,126 333,544 454,483
スルガ銀行 5年 7,051 17,878 32,887 57,256 79,062
10年 23,333 45,376 77,823 131,579 179,897
20年 63,274 116,364 195,690 327,740 446,553
野村證券 5年 6,511 17,213 33,268 60,025 84,106
10年 22,812 46,396 81,773 140,733 193,797
20年 64,757 121,816 207,406 350,055 478,440

元本保証型の割合が50%の場合はSBI証券、すべてを投資信託型にかける場合は野村證券がおすすめです。 元本保証型の利率が良い富国生命・東京海上日動は、割合50%では、手数料が安いSBI証券に負けてしまうようですね。 どのケースでも、10,000円の掛金で5年以内の場合は、スルガ銀行がわずかに有利です。 スルガ銀行は、資産50万以上になる前の手数料も安いので、掛金が安い場合は恩恵が多いですね。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑