確定拠出年金、加入者の6割が元本割れ

公開日:  最終更新日:2009/07/31

確定拠出年金の加入者の6割が元本割れしているそうです。
リーマンショック以来の暴落の影響で、確定拠出年金に限ったことではないと思いますが・・・。

個人の運用次第で受給額が変わる確定拠出年金(日本版401k)の運用成績が悪化している。日本経済新聞社が格付投資情報センター(R&I)と共同で運用状況を調べたところ、3月末時点で加入者の63%が元本割れになり、年利回りは4人に1人が10%以上のマイナスになった。厳しい運用状況が続けば、老後に必要な資金を十分確保できなくなる懸念もある。

調査は確定拠出年金の運営管理業務を手がける大手3社の協力で今月初めに実施。同年金に加入している約110万人を抽出して3月末の運用成績を調べた。(NIKKEI NETより)

自分で投資を勉強して運用していれば、10%以上のマイナスであれ、見込み分として乗り越えられると思うんですよね。
もちろん、精神的にはキツイです。
このままの状態がずっと続いたらどうしよう?とか、全体の相場が永遠に下がったままだったらどうしよう?とか。

そういうのが耐えられない人は、やはり元本保証の商品を選ぶべきだと思います。

あれ?ということは。
確定拠出年金の加入者は、6割程度が元本保証でなく投資をしているってことでしょうか。
意外と割合高いんですね。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑