確定拠出年金の運用商品『DC オートマくん』がビジネスモデル特許を取得

公開日:  最終更新日:2011/02/01

確定拠出年金の運用商品『DC オートマくん』がビジネスモデル特許を取得
三菱UFJ信託銀行と三菱UFJ投信は18日、両社が共同開発し、2007年8月に販売開始した企業型確定拠出年金専用の運用商品『三菱UFJ DC 金利連動アロケーション型バランスファンド(愛称 : DC オートマくん)』が、ビジネスモデル特許を取得したと発表した。

「DC オートマくん」は、わが国の確定拠出年金(Defined Contribution plan、DC)制度において、「国内で初めて、国内短期金利水準の変動に応じて、バランス型運用部分と安定運用部分への配分比率を自動的に変動させるシステムにより、加入員の安定収益の確保をめざす商品」(両社)。

投資信託というのは、そもそもお金を集めて複数の金融商品に投資し、その利益を分配するシステムです。

確定拠出年金には大きく分けて、減るリスクがない元本保証型商品(定期預金など)と、減るリスクがある代わりに増える確率が高い投資信託があります。
運用商品の種類とリスク・リターン参照。

加入者の多くは元本保証型商品で「とりあえず損はしない」選択をしているため、平均の想定利回りは低くなっています。
もちろん、不況の影響で投資信託の利回りが落ちているせいも大きいです。

そんな中、投資信託に元本保証型商品を合わせて、リスク回避をしつつ、いけそうなときは投資分を大きくできる商品が、ビジネス特許を取りましたよというニュースですね。

国内短期金利水準ってなによ?と思ったので(勉強不足ですみません)、調べてみました。

短期金利[マネー用語集]All About
短期金利とは、数日から数ヵ月程度の短期間の金利。

貸出金利や債券利回りは、一般的には、その期間が短いほど低く、長いほど高くなる傾向 がある。期間が短い場合の金利を短期金利といい、期間が長い場合の金利を長期金利という。一般的に短期金利というと、数日から数ヵ月程度の期間の金利を指 すことが多く、コールレート翌日物などの政策金利やCD3ヵ月ものなどの金利を指すことが多い。短期金利は中央銀行の政策ターゲットとなるものでもある。

ふむ。つまり、みんな短期金利を見ながら投資しているので(私はしていないけれど/汗)、その水準の動きに合わせて利益が出るようにバランスとるよ!ということでしょうか。

私のように、わけわからないながら投資を始めた人向きなのかも。
残念ながら、私が運用しているSBI証券には三菱系の商品がないので、利用できる可能性は低そうですが。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑