401kの運用成績が元本割れ6割に

公開日: 

確定拠出年金の加入者の約6割が原本割れになっているそうです。

401kの運用成績ガタ落ち元本割れ6割の深刻
運用成績次第で将来もらえる年金の額が変わる確定拠出年金、いわゆる日本版401k。その加入者の約6割が「元本割れ」に陥っていることが明らかとなり、話題となっている。

格付投資情報センターが大手運用管理会社3社の加入者140万人について調査したところ、元本割れとなっているのは2011年9月末時点で約6割、人数にして約81万人となった。3月末時点から約30万人も増えたという。

<中略>

理由は株式相場の低迷を受けた運用利回り(年率換算)の悪化だ。9月末現在の運用利回り(年率換算)はマイナス1.89%。当初の確定拠出年金の想定利回りは2~3%で、40年ほどで投じた資金が倍になるはずだが、現在の利回りでは投じた資金が半分以下になってしまう水準なのだ。

私も原本割れしている6割の中の一人。しかも「3月末時点から約30万人も増えた」うちに入ります。

と言っても、見返してみたらマイナスに転じたのは8月からと、意外と遅めでした。

リーマン・ショックで冷え込んだ時期に確定拠出年金を始めたので、この程度で済んでいるのかもしれません。

それにしても「現在の利回りでは投じた資金が半分以下になってしまう水準」とは・・。

約2%の利益が40年分の積み重ねになると、プラスかマイナスかの違いで倍になるか半分になるかに変わってしまうのですね。

このところのマイナスを甘く考えすぎていたと反省しています。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑