2011年2月の確定拠出年金運用

公開日: 

確定拠出年金の運用指図

確定拠出年金の運用金額67,000円、手数料163円、投資金額66,837円

2011/02/15
朝日ライフ 日経平均ファンド
33,419円分 購入単価0.6949円/48,092口

2011/02/16
中央三井DC外国株式インデックスファンド
33,418円分 購入単価0.9428円/35,446口

損益状況

2011/2/22
朝日ライフ 日経平均ファンド
800,464→889,755=+89,291/+11.2%

中央三井DC外国株式インデックスファンド
800,701→942,435=+141,734/+17.7%

野村 外国債券インデックスファンド
332,067→310,485=-21,582/-6.5%

合計
1,933,232→2,142,675=+209,443+10.83%

日本国債の格付けの引き下げがありました。

投資信託を購入する場合には、国内債権・国外債権・国内株式・国外株式の4種類でバランスを取って購入するのが一般的です。
私はこの中で、国内債権・・つまり日本国債型の投資信託だけを除いて投資をしているので、直接、資産高が減るわけではないのですが。

国債への評価が下がるということは、日本という国への評価が下がっているということですので、為替や株価にも影響が出てくるのでしょうね。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑