2013年5月の確定拠出年金運用

公開日:  最終更新日:2015/09/30

確定拠出年金の運用指図

確定拠出年金の運用金額67,000円、手数料163円、投資金額66,837円

2013/05/20
朝日ライフ 日経平均ファンド
33,419円分 購入単価10,303円/32,437口

2013/05/21
中央三井 DC外国株式インデックスファンド
33,418円分 購入単価13,698円/24,397口

スイッチング
2013/05/21
スルガスーパー定期(解約)
-888,807円分 解約単価10,000円/888,807口

2013/05/22
朝日ライフ 日経平均ファンド(購入)
888,865円分 購入単価10,480円/848,154口

損益状況

2013/05/27
朝日ライフ 日経平均ファンド
2,524,745→3,312682=+787,937/+31.2%

中央三井 DC外国株式インデックスファンド
963,248→1,490,627=+527,379/+54.75%

野村 外国債券インデックスファンド
332,339→421,057=+88,718/+26.7%

合計
3,820,337→5,224,336=+1,404,034+36.7%

定期預金888,807分を国内株式にスイッチング。

結果、みごとに高値をジャンピングキャッチしてしまいました。そうです、5/23に日経平均株価が暴落した、その前日が購入日だったのです(涙)

スイッチングを指図したときは、あまりにも日経平均株価が上がっているので、とにかく定期預金にしておいてはいけない気持ちだったんですよね。

昨年末からの上昇・・しかも、私が確定拠出年金をはじめてからこんなに上昇が続くことは始めてだったので、下がるリスクがイメージできていませんでした。

「早く買わないと上がってしまう」という思いから、約89万というまとまった金額を一度にスイッチングしてしまったのも痛いです。2回に分けるか迷ったのですが、焦りすぎましたね。

今回の経験を胸に、スイッチングも1回の金額を抑えて分散する、充分に利益が出ているときは欲張らない、などなど、しっかり気をつけます。

高値で購入した分はマイナス要素になってしまうでしょうが、トータルではプラスなので、マイナス分を取り返そうとは考えないようにします。

最近の記事

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の運用会社の選び方

確定拠出年金の運用商品の選び方

管理人の確定拠出年金選び

確定拠出年金の運用ブログ

確定拠出年金トピックス

PAGE TOP ↑